愛すべきものたち

ちょっと厳かになっていた道具の手入れをした。

シトシトと悪くない曇り雨の月曜日…。
どれも、僕の右手で扱うものたちである。

image

左から
ペティ・12cm・両刃…細かなカッティングに用いる子。2006年からの愛用。もう10年かっ…。当時は120mm。今日は111mm。あれから9mm。色々あったな〜。
出刃…魚を姿から卸したり、肉の解体に用いる。2013年のXmas。猪の解体は血みどろだったな〜。
牛刀・鋼・18cm・片刃…2003年から愛用。親友のタカシからの贈り物。名入れの名機。魚の薄切りに使うことが多い。想い出がいっぱい詰まった大切な一本。
牛刀・24cm…メインナイフ。ほぼ全ての作業をこの子で行う。機嫌の悪い日はないいい奴。
ハモン…生ハム専用のナイフ。2009年から愛用。よくしなるこの子が生ハムのカッティングには必須。
パン…パン専用のナイフ。2009年から愛用。何も主張しないこの子。なんだか可愛いです。
ハサミ…調理用のハサミ。初号機は羽田空港で没収されて2号機となる。

刃物7人集。
愛すべき道具たちである。

中でも3番目の18cm牛刀は、棺に入れて欲しい子。
みじかなものから、考え思い起こされる時間でした。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください